糖尿病の自分が、日本糖尿病学会が案内する医療保険に入れず悲しかったこと

 

本日の記事は文献でもなく,ただの愚痴になっちゃいます. 

f:id:OdaQ_DM:20200909154016p:plain

糖尿病の方をとりまく社会や医療者からの偏見,差別はスティグマとよばれ,昨今の糖尿病診療で問題になっています.

 

odaq.hatenablog.jp

それを受けて,2019年8月,
日本糖尿病学会と日本糖尿病協会は,合同委員会を開催し
糖尿病患者への差別,「スティグマ」をなるべく減らすため活動を行うと声明を出しました.

日本糖尿病学会・日本糖尿病協会合同 アドボカシー活動|公益社団法人日本糖尿病協会

 

(上記Webサイトより引用.)

f:id:OdaQ_DM:20200909154742j:plain

上図はホームページで公開されているもので,
糖尿病患者は,市民や社会,医療従事者からも差別・偏見(スティグマ)を受けており,さまざまな不利益を受けています.学会や協会ははそれに向けて介入していきますよという図になります.

昨年,この図を見て,糖尿病患者でもある自分は,とても嬉しかったことを覚えています.

 

その後,時は経ち2020年5月,日本糖尿病学会からのメールにて
糖尿病学会員専用の新しい所得保障保険,医療保険,がん保険の案内メールが来ました.

【 学会員専用 】★ 会員のみなさま専用保険 新発売 ★【所得・医療・がん】|一般社団法人日本糖尿病学会

医療保険のほかにも,病気などで働けなくなったとき用の所得保障の案内も.

これをみて,
「お,わざわざ案内するということは,もしかしてアドボカシー活動の一貫で,糖尿病患者も適応になったのか!?」
と期待しパンフレットを取り寄せました.

しかし,パンフレットには変わらず,「お受けできない疾患」に「糖尿病」の記載がありました.

 

ずーん.

 

もちろん,日本糖尿病学会は,外部保険会社へ委託しているだけなので,
学会は何も悪くないことは,わかってます.

糖尿病だと,さまざまな病気も合併しやすいため,保険に入りにくいことも,わかっています...

 

ただ去年作った図に「生命保険」にも介入することをわざわざ載せといて,実際にスティグマ満載の保険を斡旋しているのは,学会として矛盾した行動なのではないかと思ってしまいました.

いつか学会の活動が実を結び,変わることを祈っています.

 

愚痴でごめんなさい.
でも,糖尿病患者が入れる医療保険,高すぎです...

 

記載:2020年9月11日

更新:2020年9月11日(タイトルを修正)