夏が終わると血糖コントールは悪化しやすい

記載:2020年9月5日

この論文を一言でまとめると:

HbA1c, 血圧,LDLコレステロール値は,夏(6-8月)より冬(12-2月)に悪化する傾向にある.

9月に入りましたが関東地方では厳しい残暑が続いています.

今回は,臨床医が日頃何となく感じている
「皆さん,夏には血糖が良くなって,冬は悪くなるなぁ~?」
という経験を,実際に調べてみた!という論文をご紹介します.

f:id:OdaQ_DM:20200904135303p:plain

 Seasonal Variations in the Achievement of Guideline Targets for HbA1c, Blood Pressure, and Cholesterol Among Patients With Type 2 Diabetes: A Nationwide Population-Based Study (ABC Study JDDM49)

2型糖尿病患者における,HbA1c,血圧,コレステロール目標達成率と季節性の変化との関係.(ABC study JDDM49)

PMID: 30739885 pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

〇背景:

  • 糖尿病合併症を防ぐためには,血糖(A: A1c) , 血圧(B: Blood Pressure), コレステロール(C: Cholesterol) すなわちABCコントロールが重要である.
  • 慣習的に,夏季にはコントロールが良くなり,冬季には悪くなることと言われていたが,実際の季節性変化は具体的に報告されていない.

〇方法:

  • 日本における登録施設38施設で,2013年1月から2014年12月の期間に受診した患者4,678名のデータを用いた.
  • 各パラメータの目標達成率を月ごとに算出した.
  • 目標値は,血圧 130/80mmHg,  LDLコレステロールは100mg/dL, HbA1cは7%または8%に設定し分析を行った.

〇結果:

  • 血糖(A: A1c) , 血圧(B: Blood Pressure), コレステロール(C: Cholesterol)すべてにおいて,夏季(6月-8月)に目標を達成する患者の割合が多かった.冬季は逆の結果になった.

図:(論文より引用)

f:id:OdaQ_DM:20200904144414p:plain

A:ABC すべて目標達成した患者の割合,月ごと
 ●: 目標をHbA1c 7%未満に設定
 ■: 目標をHbA1c 8%未満に設定

B:項目ごとの達成率,月ごと
 ■: HbA1c8%未満
 □: HbA1c7%未満
 ●: 最高血圧130mmHg未満
 〇: 最低血圧80mmHg未満
 △:LDLコレステロール100mg/dL未満 

C:ABC すべて達成率,季節ごと(赤は夏,青は冬)

D:項目ごとの達成率,季節ごと(赤は夏,青は冬)

〇結論:

  • 血糖,血圧,コレステロールは,夏季よりも冬季に悪化する傾向がある.

 

 

普段外来で感じていたことが,実際に結果として立証されるとすっきりしますね.この論文のいいところは「日本人のデータである」ところです.
たしかに,冬は自宅に閉じこもりがち.クリスマスや年末年始など,食事にも気を配る必要がありますね.ご自身の1年間のHbA1cの推移を把握するために,アプリや糖尿病連携手帳を活用し,季節性変化をなるべく減らすようにしましょう.