新しい血糖コントロール指標のTIRは,リブレで簡単に確認できる

〇記載:2020年8月30日
〇更新:2020年9月7日

今回は,先日の記事の続きになります.

odaqdm.com

 

先日の記事で,フリースタイルリブレを使用している場合,TIR(Time in Range, 目標範囲内の血糖にあった時間)を70%以上にすることが重要とお伝えしました.

ここでは,TIRの簡単な確認方法についてお伝えします.

f:id:OdaQ_DM:20200827185012p:plain

 実機での確認方法

  1. 目標血糖を確認する.
    ホーム画面から,「歯車マーク」→「目標範囲」とタップ.
    TIRに設定する値に合わせる.目標値は先日の記事を参考にしてください.
    目標血糖は必ず主治医と相談の上,設定してください.

    f:id:OdaQ_DM:20200827192445j:plain

  2. ホーム画面に戻り,
    「履歴を見る」→「下矢印」→「目標範囲内であった時間」とタップ.

  3. TIRを確認する.上からTAR, TIR, TBRです.

    f:id:OdaQ_DM:20200827192837j:plain

    この場合はTIRが93%です.

 

PC(Windows, Mac)を用いた確認方法

  1. 公式サイトからアプリをダウンロードし,インストール.


  2. アプリを開き,付属のUSBケーブルで本体とPCとを接続します.

  3. 「レポートを作成」
    f:id:OdaQ_DM:20200827193039p:plain

  4. ①スナップショットを選択.
    ②時間設定は4週間がおすすめ.
    ③目標値は先日の記事を参考にしてください.
    ④「レポートの表示」

    f:id:OdaQ_DM:20200827193132p:plain

  5. TIRを確認する.
    上からTAR, TIR, TBRになります.

    f:id:OdaQ_DM:20200827193310p:plain
    この場合はTIRは90%です.

 

TIRはあくまで参考所見ですが,「採血をせずとも患者自身が簡便にチェックできるところ」が良いところだと思います.
日々の血糖コントロールの参考になったら嬉しいです.