糖尿病の糖尿病医のブログ

糖尿病(MODY3)の糖尿病医が糖尿病の記事を書きます.

かゆくないフリースタイルリブレの装着方法はあるのか?

自分が外来で診療している,フリースタイルリブレを使用している患者さんのうち,1割程度の方がテープかぶれを原因に使用中断に至っています.今回は,その対策方法をご紹介します.

MODY(家族性若年糖尿病)とは?

MODYは家族性若年糖尿病といい,遺伝病の一つです.生活習慣病と言われている2型糖尿病とは違い,生活習慣は関係なく糖尿病を発症します.子供のときに糖尿病を発症するため,1型糖尿病と間違われることがあります.

GIP受容体作動薬チルゼパチドが発売目前.血糖・肥満改善効果が期待

新しいインクレチン関連薬,チルゼパチド(GIP受容体作動薬とGLP-1受容体作動薬の配合剤)の治験が進んでいます.

11月14日は,世界糖尿病デー.

毎年11月14日は,世界糖尿病デーです. 今回の記事では,世界糖尿病デーについて,簡単に記載します.

1型糖尿病のハネムーン期,本当は拒食期間?

1型糖尿病を発症した方で,治療半年~1年め辺りにインスリンの必要量が下がる期間があります.これをハネムーンピリオド(ハネムーン期)と言います.

健康は足元から?フットケアをはじめよう.

世界において30秒に1本,糖尿病足壊疽(えそ)が原因で足が切断されています.ほとんどの糖尿病足壊疽は,正しい予防法で回避が可能です.

インスリン治療は週1回?新しいインスリンの話

1週間の間,効果が持続する新しいインスリン,「アイコデック」の治験が進んでいます.

COVID-19感染症が重症化しやすい糖尿病患者は?

この論文をひとことでまとめると: 1型/2型糖尿病患者に共通してCOVID-19感染症の死亡リスクが上がる要因として,高齢,腎障害,肥満or痩せ,脳卒中/心不全既往,血糖コントロール不良 (1型は10%以上,2型は7.6%以上)が挙げられた.

内服GLP-1受容体作動薬のお話

現在,日本で使用可能なGLP-1受容体作動薬は注射薬のみですが,リベルサス®という内服のGLP-1受容体作動薬が発売目前で,期待されています. リベルサス®(経口セマグルチド)とは セマグルチド(semaglutide)というGLP-1受容体作動薬です.一番の特徴は,「G…

インスリン使用中,旅行で注意するべき11のポイント

インスリンを使用してる方でも,海外旅行や飛行機の搭乗に制限は全くありません.しかし,いくつか気を付けるポイントはあります.

クリニカルイナーシャという言葉をご存じですか?

クリニカルイナーシャとは,治療目標を達成していないにも関わらず,惰性をもって積極的な治療を行わないことを指します.医療従事者/患者の両方が原因になりうる,難しい問題とされています. この記事は下記,アメリカ糖尿病学会からの報告を基に作成して…

HbA1cの変動をなるべく少なくしよう

この論文をひとことでまとめると: 2型糖尿病患者において,HbA1cが目標内でも変動が激しい場合,合併症リスクが増加する.

おやつとの付き合い方

何となく口が寂しいから間食をしていませんか? この記事では,間食との付き合い方について記載します.

糖尿病の心理的負担の強さは死亡リスクに影響する

この論文を一言でまとめると: 男性の2型糖尿病患者においては,心理的負担(PAIDスコア)が高いと全死亡リスクが上昇する.

センセイ,最近の注射針は刺した気がしねぇんだよ!

現行の注射針はどんどん細く短くなっています.現行,最も細いものは日本の町工場で開発されたものです.

1型糖尿病の方の死亡率は,一般人と同等になった

この論文を一言でまとめると: 1型糖尿病の方は,非糖尿病の方と比較しても死亡率は変わらない状況になりました.

15年後,世界の糖尿病患者は7億人になる

現在(2019年時点),世界の成人糖尿病の方は4.6億人にのぼりますが,2045人には7億人まで増加する見込みです.

自分のHbA1cが上がってたら考えること

糖尿病患者として20年以上通院している自分が,「HbA1cが上がってたら行うこと」をまとめてみました.

SGLT2阻害薬内服中の1型糖尿病患者がインスリンをやめるとどうなるか

この演題をひとことでまとめると: SGLT2阻害薬内服中にインスリン枯渇状態になった場合,内服していない場合に比べ,ケトン体の増加速度が著明に上昇する一方,血糖上昇は目立たない.

糖尿病の自分が、日本糖尿病学会が案内する医療保険に入れず悲しかったこと

本日の記事は文献でもなく,ただの愚痴になっちゃいます. 糖尿病の方をとりまく社会や医療者からの偏見,差別はスティグマとよばれ,昨今の糖尿病診療で問題になっています.

「ノンスイート」「ノンシュガー」太りに注意

飲料を購入する際は,裏の成分表をチェックする癖をつけて,想定外の糖分・カロリー摂取を避けましょう.

(雑感)新型コロナウイルス感染症と糖尿病

自分が勤務している病院で,軽~中等度症の新型コロナウイルス(以下,COVID-19)の方を入院診療しています.直接主治医にはなりませんが,糖尿病の方を併診診療することが多く,雑感をまとめました.

近年注目されているAGE(終末糖化物質)のおはなし

近年,糖尿病合併症の原因として,AGE(エージーイー,終末糖化物質) が注目されています.

1型糖尿病の男の子はなぜ死亡したのか

2015年,1型糖尿病の子どもを持つ両親を洗脳し,インスリンの注射をやめさせ死に至らしめたとして,自称祈祷師の男が逮捕された事件がありました.とても悲しい事件でした. 裁判では男が間接的に殺人罪に問われるか大きな注目を浴びていましたが,2020年8月…

夏が終わると血糖コントールは悪化しやすい

記載:2020年9月5日 この論文を一言でまとめると: HbA1c, 血圧,LDLコレステロール値は,夏(6-8月)より冬(12-2月)に悪化する傾向にある. 9月に入りましたが関東地方では厳しい残暑が続いています. 今回は,臨床医が日頃何となく感じている「皆さん,夏に…

痛くない血糖測定の方法は? 〜血糖測定器は年々進化している〜

記載:2020年9月4日 部屋の掃除をしていたら,学生時代に使用していた血糖測定器が出てきました.穿刺針がとっても太く,ビックリしてしまいました. 血糖測定器は,簡便に現在の血糖値を知ることができる便利な機器ですが,指先に針を刺す必要があり,痛み…

メトホルミンを長期内服するとビタミンB12が不足しやすい

記載:2020年9月3日 この論文をひとことでまとめると: メトホルミンを長期間内服している場合は,ビタミンB12を意識して摂取するようにしましょう.また,医療者はビタミンB12の定期的な測定を考慮する必要があります.

糖尿病や糖尿病合併症の予防には、適度な運動とナッツ摂取を習慣に

記載:2020年9月1日 "医者だけど自分なら絶対にやる事やらない事"というタグが流行しましたので,自分も乗っかってみました. やること・週150分以上の運動・ナッツ摂取やらないこと・清涼飲料水の飲用・たばこ・深酒・過度な減量・防具無しで二輪に乗る#医…

「スティグマ」という言葉をご存知ですか?

記載:2020年8月31日 この論文を一言でまとめると: スティグマとは糖尿病の方に対する「差別」「偏見」という意味.特に1型糖尿病の方や女性,インスリンを使用中の方が多く感じており,糖尿病治療における,今後の大きな課題である.

新しい血糖コントロール指標のTIRは,リブレで簡単に確認できる

〇記載:2020年8月30日〇更新:2020年9月7日 今回は,先日の記事の続きになります. odaqdm.com 先日の記事で,フリースタイルリブレを使用している場合,TIR(Time in Range, 目標範囲内の血糖にあった時間)を70%以上にすることが重要とお伝えしました. こ…